スポーツブックメーカーはアメリカの賭け屋、日本においてはノミ屋などの意味を持つもの、始まりは1790年、ニューマーケット競馬場で始まったと言われています。
1960年には英国政府から公認され、参加者が急増したと言います。
賭け屋やノミ屋と聞くと違法などのイメージを持つ人も多いかと思われますが、ブックメーカーは日本国内からでも参加可能なスポーツ賭けです。
参照:ブックメーカー

ブックメーカーを利用する時には、賭けサイトへの登録が必要になりますが、登録はスマートフォンでも可能で、約2~3分で登録が出来る、気軽に利用することが出来るようになっています。
ネットの中では目にすることが多いブックメーカーですが、単なるスポーツ賭けではなく、利益の中から4~6%の手数料を支払うと、残りはすべて種折り者へ賭け金として返還されるなどの特徴を持ちます。
ちなみに、ブックメーカーは各国の法律やルールに従い健全な形で運営が行われている合法での賭けサイトになりますが、中には悪質な所もゼロではありませんので利用する際には口コミなどで確認しておくと安心です。

尚、勝率はブックメーカーを利用する上で気になる部分かと思われますが、一つのスポーツだけに精通していることで、生井手数料を武器に取引を繰り返すことで自然と勝率が上がる仕組みを持ちます。

関連記事

    None Found